外国株で儲ける投資の情報 

株式投資ゴールデンルール − 超初心者のキャバ嬢でも株で1億円儲けた方法

日本株で満足していますか?外国株には日本にはない魅力が多く詰まっています。その魅力をしっかり紹介します。読み終わったときあなたの気持ちは外国株投資へ傾いているはずです。

サイトマップ

デフレ、株価の長期低迷|日本株はダメ?

2009年11月、政府は「ゆるやかなデフレ状況にある」として事実上のデフレ宣言をしました。



これにより、06年6月以来3年5ヵ月振りのデフレ状況の復活となりました。

一般的に、デフレになりますと企業の収益が停滞し、株価は急落していきます。

日銀は、2012年まではデフレが続く見通しを立てています。

日本は構造的な要因にも直面し、このデフレ状況から打開するのは、相当難しいでしょう。

日本は、10年以上デフレ状態にあるー株や不動産に下方圧力政府はデフレ復活を宣言しましたが、経済全体を対象とするGDPデフレーターで考えると物価水準は、1997年をピークに低下傾向です。

このことは、日本で10年以上もデフレ状態が続いていることを表しています。

この長い間のデフレによって、09年の名目GDP474兆円は、91年の水準に後退しています。

延々とデフレが続くと、物価が安くなるため待っていればもっと下がるだろうと消費者の消費が活発化せず、企業は売値を下げて売上増を図ろうとするのですが、売値の引き下げ競争が起こります。

その反面でコストがすぐに下がることはないので、売値の下落にコストが追いつかず、収益が低落します。

これが賃金の低下や失業につながり、おまけに消費を落ち込ませてしまうのです。

デフレ・スパイラルといわれています。

デフレの影響は、お金の流れにも飛び火します。

デフレによって物価が低落すると、たとえば100円だったものが90円で買えることになるので、お金の価値は上がります。



したがって、お金のまま持っていても物価が上昇するので、株や不動産に投資しなくても現金で持っているほうがリスクもなくて利点があり、お金の流れが株や不動産から現金や預金、債券に変化し、株や不動産は下落していきます。

97年からのデフレーターの推移と日経平均の動きを比べて見ると、このような下降方向への動きが見受けられます。

リーマン・ショック後、世界的にデフレへの不安が大きいですが、まだ物価指数がプラスにある欧米と比較すると、日本のデフレ状況は最も厳しいものとなっています。

このようなデフレ状況から脱するのは簡単ではなく、控えめに見ても5年から10年はデフレが続くと予測されています。

その背景としては、デフレの原因に、日本の社会・経済構造の土台にかかわる部分が大きいところに、外部環境に影響される面が関係しているからです。

たくさんの産業で需要が伸び悩み(需給ギャップは35兆円)、低賃金国の中国やアジア諸国との競争が激しさを増し、日本の賃金や物価に下落圧力がかかって、高齢化や人口減による消費減少から販売価格の下落の恒常化が考えられることなど、多くの構造的要因を抱えているのです。

日銀が2020年代には、GDP成長率がマイナス圏に入ると予測しているのと同定されるように、デフレも長い期間続くと見ておく必要があります。

日本経済全体の物価水準を示すGDPデフレーターで見た現在の物価水準は、84年当時の物価水準と変わりません。

84年に日経平均は初めて10000円の大台を超えましたが、そのことが現在の水準とほぼ同じということとも一致します。

『渋谷高雄大百科実践セミナーDVD』〜渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成〜
今こそ外国株投資!
日本株VS外国株
日本株はダメ?
株持ち合い、買収防衛策、増資
少子高齢化と人口減少
デフレ、株価の長期低迷
巨額国債発行、金利上昇、インフレ、円高
役に立つ書籍紹介:禁断の市場
外国株はいい!
メリットとデメリット
取引方法と情報源
外国株の代表的銘柄
銘柄が分からないなら海外ETF
『投資パチンコ2010』ver2.0
リンク集
為替のベストセラー作家であり、日本一有名なFX女性個人投資家・山根亜希子の豪ドル/円タイミング配信
安心してお金を増やせる投資術!【Bookmakers Arbitrage Pro2011】

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
三菱ufj 金利






























































外国株で儲ける投資の情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。