外国株で儲ける投資の情報 

株式投資ゴールデンルール − 超初心者のキャバ嬢でも株で1億円儲けた方法

日本株で満足していますか?外国株には日本にはない魅力が多く詰まっています。その魅力をしっかり紹介します。読み終わったときあなたの気持ちは外国株投資へ傾いているはずです。

サイトマップ

米英はコーポレート・ガバナンスが強固|外国株はいい!

企業には、企業のオーナーである株主のほかにも、従業員や取引先、消費者、債権者、地域社会などさまざまな利害関係者(ステークホルダー)がいるわけですが、コーポレート・ガバナンス言い換えれば企業統治は、株主の代理人である経営者が株主利益の最大化を達成するよう規律づける構造になっています。



米国・イギリスでは、株主価値の最大化を追い求める経営モデルが圧倒的に有力視され、独立性を確保した社外取締役主導の取締役会により、株主重視のコーポレート・ガバナンス体制が有効に機能する環境を心掛けています。

かたや日本は、東証一部上場企業の約97%が、社外取締役の選任が義務化されておらず、従来型の監査役設置会社のままになっています。

その違いが、社外取締役数の大きな差になって出てくるのです。

ここでは、コーポレート・ガバナンスの日米の違いを、取締役会の取締役構成を見比べてみましょう。

日本企業は社外取締役が極めて少ないが、米国企業は極めて多い大和総研の調査によれば、TOPIXコア30構成企業の監査役会設置会社(社外取締役の選任は任意)27社では、社外取締役が社内取締役と比較して大幅に少ない状態ですが、米国の場合、圧倒的に社外取締役が多くなっています。

さらに東証全上場企業の1社当たり平均では、社外取締役は1人未満にとどまっている状態で、日本の企業が社外取締役の受け入れにたいへん消極的なことがわかります。

このような日米のコーポレート・ガバナンスの差が、日本企業においては、経営監視機能を低迷させ、株式持ち合いや買収防衛策の導入に影響してくるのです。

昨年から続いている株主価値を大幅に希薄化する大規模な増資も、株主価値を重視する経営監視機能が弱いために、引き起こされています。

欧米の機関投資家からも、日本企業のコーポレート・ガバナンス改善の要因が寄せられています。



経団連は2009年4月に「より良いコーポレート・ガバナンスをめざして」との提言を発表していますが、その中で社外取締役の原則導入に消極的な姿勢がうかがえます。

これは、外からあれこれ言われたくないという気持ちの表れなのでしょう。

今年3月報道された富士通の社長解任騒動も、コーポレート・ガバナンスのなさが表面化した例といえます。

このような問題点がさまざまな形で指摘されながら、現在でも、日本企業は旧態依然のガバナンスを改善する方向にはないのです。

こうした状態が、20年以上続く株価の低迷につながっているといえます。

外国人投資家も日本株離れを加速か株主資本利益率(ROE)は、株主資本に対してどの程度利益を挙げているかを表す指標で、高いほうが経営の効率がよいことを示しているのですが、日本企業のROEは欧米企業と比較するとかなり色あせて見えます。

これは、株主資本に対する利益配分が少なく、株主にとっての投資効率が低いということを表しています。

外国人投資家の09年の売買金額シェアが非常に激減しているのも、株の持ち合い、買収防衛策の継続、資本効率の低さなどを嫌い、これらの根底にあるコーポレート・ガバナンス姿勢に対する疑問が大きくもたげてきているからでしょう。

彼ら外国人投資家にとって、どこに投資するべきかの選択肢はボーダーレスで、全世界を対象としています。

少しでも投資効率のいい市場、株主価値の最大化に努める企業に、投資マネーを自由に移し替えるのです。

また、その傾向は、ますます強まっています。

万が一、日本企業のコーポレート・ガバナンス改革が進まず、百年河清を俟つような状態が続けば、株式市場は、ますます低迷を続け、企業の株価は低落し、なおいっそう敵対的買収リスクは高まります。

さらに、それを受け企業が株式の持ち合い、買収防衛策の導入・維持、増資などを行えば、まさに悪循環に陥り、被害を被るのは、一般投資家であり、株主となります。

コーポレート・ガバナンスが浸透している外国企業への投資に注目することは、株式投資のリスクを減らし、リターンを高めることにつながると同時に、日本の企業にコーポレート・ガバナンスの重要性に目覚めさせるきっかけとなる可能性も持っています。

逆からいいますと、そういう行動を投資家が取らないと、日本の多くの企業が、コーポレート・ガバナンスの重要性に目覚めないのではないでしょうか。

『渋谷高雄大百科実践セミナーDVD』〜渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成〜
今こそ外国株投資!
日本株VS外国株
日本株はダメ?
外国株はいい!
新興国の成長を取り込む
米英はコーポレート・ガバナンスが強固
外国企業は人員削減も大胆
米国企業は増配や自社株買いに積極的
役に立つ書籍紹介:超成長株投資
メリットとデメリット
取引方法と情報源
外国株の代表的銘柄
銘柄が分からないなら海外ETF
『投資パチンコ2010』ver2.0
リンク集
為替のベストセラー作家であり、日本一有名なFX女性個人投資家・山根亜希子の豪ドル/円タイミング配信
安心してお金を増やせる投資術!【Bookmakers Arbitrage Pro2011】

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
住宅 ローン 試算











































































外国株で儲ける投資の情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。