外国株で儲ける投資の情報 

株式投資ゴールデンルール − 超初心者のキャバ嬢でも株で1億円儲けた方法

日本株で満足していますか?外国株には日本にはない魅力が多く詰まっています。その魅力をしっかり紹介します。読み終わったときあなたの気持ちは外国株投資へ傾いているはずです。

サイトマップ

役に立つ書籍紹介:リスク上・下|メリットとデメリット

リスク〈上〉リスク〈下〉 』書籍レビュー ピーター・バームスタイン著  日経ビジネス文庫

この書は、投資分野の慧眼ピーター・バーンスタインが世に出した、350年以上にわたる投資とリスクの問題に挑戦した人間の壮大な伝記と歴史物語です。



歴史がとても大好きで、投資に対するたゆみない探究心を兼ね備えた著者だからこそ実現した書ともいえます。

著者は惜しまれながら、2009年に亡くなりました。

このほかにも、ベストセラーになった「証券投資の思想革命 」や「ゴールド」などがあります。

長年の投資業界や学会での経験から来る著者の投資やリスクに関する判断力は、啓発に富む奥深さがあり、投資の第一人者や有名な学者にも認められる存在でした。

この書では、1654年のルネッサンスの全盛期に、フランス人貴族がパスカルの原理で有名な数学者パスカルに出した謎解き問題への答えが、確率論の発見にいたることから始まり、18世紀初めにはヤコブ・ベルヌーイが「大数の法則」を打ちたて、統計的手法を想到したこと、現代証券投資理論の基になっている正規分布(ベル型カーブ)と標準偏差の観念を、1730年にはモアブルが発見したこと、ヤコブの甥のダニエル・ベルヌーイが、なぜ人間はリスク回避的か、さらに需給と価格の関係を解説し、その説明は現代投資理論の基礎として位置づけられてきたことなどを詳しく述べています。

また、1875年にゴールトンによって発表された「平均への回帰」の概念についても詳しく解説し、そして現代投資理論の世界へと突入すると、1952年シカゴ大学の大学院生だったハリー・マーコビッツが、分散投資がなぜフリーランチで(コストなく)リスクを減らすことができるかを数学的に解き明かし、一大革命を惹起した理論、それ以降現在までの、世界の証券投資に大きな影響を与えた多くの投資理論を、アカデミックな造詣も深い著者が解説しています。

著者は、この書の中で著者独自の考えや主張もいたるところで詳しく述べています。著者は、「はじめに」の最後でこういっています。「『リスク』という言葉は、イタリア語でのrisicareという言葉に由来している。

この言葉は『勇気を持って試みる』という意味を持っている。

この視点からすると、リスクは運命というよりは選択を意味している。

われわれが勇気を持ってとる行動は、われわれがどれほど自由に選択を行えるかに依存しており、それはリスクの物語のすべてでもある。

この物語こそリスクが人類にとって持つ意味を明らかにしてくれる。」

この書を読んで、人間とリスクのかかわりの真実がわかるでしょう。



『渋谷高雄大百科実践セミナーDVD』〜渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成〜
今こそ外国株投資!
日本株VS外国株
日本株はダメ?
外国株はいい!
メリットとデメリット
日本資産だけのリスク逓減
日本にない業種や異なる成長ステージ
安定したパフォーマンス
安定した配当収入
為替リスクは思ったより少ない
カントリーリスク
個別銘柄のリスク
税金はどうなる?
役に立つ書籍紹介:リスク上・下
取引方法と情報源
外国株の代表的銘柄
銘柄が分からないなら海外ETF
『投資パチンコ2010』ver2.0
リンク集
為替のベストセラー作家であり、日本一有名なFX女性個人投資家・山根亜希子の豪ドル/円タイミング配信
安心してお金を増やせる投資術!【Bookmakers Arbitrage Pro2011】

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
住宅ローン シミュレーション エクセル





















































外国株で儲ける投資の情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。