外国株で儲ける投資の情報 

株式投資ゴールデンルール − 超初心者のキャバ嬢でも株で1億円儲けた方法

日本株で満足していますか?外国株には日本にはない魅力が多く詰まっています。その魅力をしっかり紹介します。読み終わったときあなたの気持ちは外国株投資へ傾いているはずです。

サイトマップ

中国寿保険|外国株の代表的銘柄

中国最大手の生命保険会社ですが、生命保険加入率は5%に満たず、拡大余地大中国人寿保険(香港証券コード2628)は、中国の生命保険市場で、2倍の平安保険の国内シェア16%を大きく突き放し、シェア36%の中国最大の生命保険会社となっています。



親会社で政府直轄の中国人寿保険(集団)公司が68.4%の株式を所有する実質国有企業です。

前期比25%増加した運用資産は、2009年末現在1兆1721億元(約15兆5000億円)で、中国最大の機関投資家の1つといえます。

03年12月に香港とニューヨークに上場しました。

現在時価総額は2500億香港ドル(約2兆9000億円、2010年5月21日現在)です。

生命保険会社の企業価値を示すエンベディット・バリューは前期比19%増の2852億元(約3兆7600億円)でした。

09年12月期業績は、投資収益の回復、経費の削減や引当率制度の改正などから、純利益が前期比72%増益の328億8000万元(約4300億円)となっています。

世界的金融危機から、08年度は45%減益と著しく収益が落ち込みましたが、それをいち早くカバーしている展開です。

中国人寿保険のマーケットシェアは逓減傾向にありますが、これは保険契約の増加より収益性の改善に比重を置く策略に起因するところが大きいためです。

中国は人口13億人の大規模な生命保険のマーケットながら、世界の平均保険加入率が50%を上回る中で、保険加入率が5%に満たないレベルに抑えられています。

この背景には、これまで保険への認知度が低いことが言及されています。



日本の生命保険加入率は87.5%(生命保険文化センター2006年度調査)、米国が78%、英国でも40%という水準と比べると、中国の低い加入率が目に余ります。

その反面、高齢化や都市化の進行により、医療や年金などの公的制度が不十分という意識が高まっているのも事実です。

それゆえに、09年の生命・損害保険の保険料収入は前年比14%増の1兆1137億元(約14兆7000億円)となり、この5年間では約2.3倍になっています。

プライス・ウォーターハウス・クーパースでは、今後3年間で年間保険料収入は2倍に増えると予測しています。

さらに、2009年の新保険法の制定で契約者保護の強化に取り組み、保険加入者にとって信頼向上につながることが見込まれます。

このようなことから、今後も保険加入者の増加が予測され、中国での生命保険市場の成長余地は、今後も大きいと見通されています。

成長期待から、株価には割高感このような中国保険市場の成長期待から、中国人寿保険の予想PERは28倍になっていて、割高感があることは否定できません。

さらに、成長市場のために中小生保や外資を引き入れた販売競争の激化から来る利益率の低下の可能性にも、注意が必要となります。

政府や監督当局の制度変更も、業績の変動要因となる恐れがあります。

中国人寿保険は、次の中国石油天然気と同じように、ニューヨーク証券取引所にも上場されていますが、日本からの投資は、香港証券取引所での買い付けが典型的です。

『渋谷高雄大百科実践セミナーDVD』〜渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成〜
今こそ外国株投資!
日本株VS外国株
日本株はダメ?
外国株はいい!
メリットとデメリット
取引方法と情報源
外国株の代表的銘柄
ジョンソン&ジョンゾン
IBM
コカ・コーラ
プロクター・アンド・ギャンブル
役に立つ書籍紹介:賢明なる投資家
バークシャー・ハサウェイ
ネスレ
BHPビリトン
ヴァーレ
役に立つ書籍紹介:株で富を築くバフェットの法則
インフォシス・テクノロジーズ
中国寿保険
中国石油天然気
中国工商銀行
役に立つ書籍紹介:中国株投資の王道
銘柄が分からないなら海外ETF
『投資パチンコ2010』ver2.0
リンク集
為替のベストセラー作家であり、日本一有名なFX女性個人投資家・山根亜希子の豪ドル/円タイミング配信
安心してお金を増やせる投資術!【Bookmakers Arbitrage Pro2011】

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
東邦銀行 住宅ローン 金利
















































外国株で儲ける投資の情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。